よくあるご質問

HOME > よくあるご質問 > 産後のお悩みについて > 授乳期の服薬・お酒やコーヒーについて
一覧に戻る

授乳期の服薬・お酒やコーヒーについて

服薬
どうしても母乳をあげられない薬は、抗がん剤と放射線を含む薬など限られています。
一般の感冒薬や鎮痛剤、一時的に内服する抗生物質などは問題ありません。
母乳に移行する薬の量はごくわずかです。
赤ちゃんに影響することはないので、母乳を中止する必要は、ありません。
処方された薬を指示されたとおり服用しましょう。薬について心配なことがあれば、お問い合せください。

お酒やコーヒー
アルコールやカフェインは乳汁中にも排泄され、それを飲んだ赤ちゃんも影響を受けることになります。
妊娠中の服薬・喫煙・飲酒・カフェインについても参照してください。