母乳育児支援方針

HOME > 母乳育児支援方針 > 松南病院の母乳育児支援方針

松南病院の母乳育児支援方針

当院では「母乳育児を成功させるための10ヵ条」をもとに、独自に母乳育児支援に関するポリシーを宣言しています。
BFH

なぜ、私たちが母乳育児をおすすめしているのか。それにはいくつか理由があります。
母乳は消化がよく、赤ちゃんに必要な栄養をバランスよく含んだ理想の食物です。母乳で育った赤ちゃんは免疫力が高まり、感染症やアレルギー性疾患にかかりにくいと言われています。また、お母さんの身体にとっても「子宮の回復が早い」「体重が早く元に戻る」といった効果があり、「ミルク代がかからない」「水が手に入らない状況でも授乳できる」といった経済面、環境面でのメリットもあります。

そしてなにより、母乳育児はお母さんと赤ちゃんの絆を強くします。
お母さんがおっぱいをふくませ、赤ちゃんがおっぱいから母乳を飲む。この愛情いっぱいのスキンシップを繰り返すことで、出産した女性は身も心も母親へと成長していくことができます。
赤ちゃんにはお母さんの愛情が伝わり、人間を信頼する心が芽生えます。

女性を母親へ、赤ちゃんを人へと成長させる母乳育児は子育ての原点。
皆さんも、母乳で赤ちゃんを育てましょう。私たちスタッフが温かく見守っていきます。

ユニセフから贈られたBFH認定の証、パブロ・ピカソの絵

赤ちゃんに優しい病院(BFH)は1991年にWHO/ユニセフが定めた「母乳育児を成功させる10か条」を完全に実施している産科施設のことです。
この制度は世界のすべてのお母さんを助けて、赤ちゃんを母乳で育てられるようにすることによって、すべての赤ちゃんに等しく最善の人生のスタートをというWHOとユニセフの願いを表しています。
認定された病院には、ピカソの絵が贈呈され、当院エントランス正面に飾られています。

1.母乳育児を正しく理解していただき、不安をとりのぞきます。

情報が氾濫する今、母乳育児を誤解しているお母さんも少なくありません。母乳育児を続けるためには、まずは正しい知識とノウハウを身につけることから。当院では母親教室を開催し、そのメリットや乳房ケア、授乳方法について、医師と助産師がわかりやすくご説明しています。不安をお持ちのお母さんには母乳外来で個別にご相談をお受けしています。

2.お母さんと赤ちゃんの絆を強めるカンガルーケアを行います。

赤ちゃんにとって、お母さんの胸は最良のゆりかご。当院では、できるだけ早く母乳育児に入れるよう、出産後すぐにお母さんの胸に赤ちゃんを抱かせる‘カンガルーケア’を行っています。赤ちゃんはお母さんの心臓の音を聞き、ぬくもりを感じることで心身ともにリラックス。お母さんは赤ちゃんをぎゅっと抱きしめ、自然と母乳育児を行うことができます。

3.お母さんと赤ちゃんは同じ部屋でお過ごしいただきます。

当院では、いつでも母乳があげられるよう母子同室(同床)でお過ごしいただきます。お母さんと赤ちゃんが同じベッドで過ごすことで、「生活リズムが合い、ともにぐっすり眠ることができる」「頻回にお乳を吸わせることで、母乳の出がよくなる」といったメリットがあります。また、お母さんは子育てがうまくなり、退院してからもあわてることがありません。

 

4.医学的に必要がない糖水や人工乳を与えません。

医学的に必要がない人工乳や糖水を赤ちゃんに与えてしまうと、それだけでお腹がいっぱいになってしまい、お乳を吸わなくなってしまいます。赤ちゃんがお乳を吸わなくなると、今度はお母さんの母乳分泌が減ってしまい、「吸わないから出ない。出ないから吸わない。」という悪循環に陥ります。当院では、母乳以外のものは医学的に必要な場合のみ与えることをおすすめしています。

5.赤ちゃんがとまどう哺乳ビンやおしゃぶりを与えません。

「ゴム製の人工乳首が付いた哺乳ビン」と「お母さんのお乳」とでは赤ちゃんの吸い方が異なります。赤ちゃんがせっかく母乳の吸い方を覚えた頃に、並行して哺乳ビンやおしゃぶりを与えてしまうと赤ちゃんがとまどってしまいます。お母さんのお乳以外から母乳等を補う必要がある場合、当院では赤ちゃんの混乱を防ぐため、ベビーカップで与えています。

6.適切なアドバイスを行い、お母さんの成長をお手伝いします。

退院後に、お母さんが自信を持って育児ができるようスタッフがアドバイスを行います。「はなまる表」(自己チェック表)を使ってお母さんが「母乳育児」や「赤ちゃんの観察の仕方」について理解できたかを、スタッフと一緒に確認します。
また、毎週月曜日には小児科の医師に育児相談ができる機会をもうけており、お母さん同士の交流の場ともなっています。

 

7.退院後も、「健診」や「育児サークル」で子育てを支援します。

退院後、生後2週間健診として、「新生児外来」「母乳外来」でケアを行っています(電話による問診も可能 )。2週間健診が終わった後も、当院で出産されたお母さんはいつでも無料(一部有料)で母乳外来をご利用いただけます。また、必要性・希望に応じて保健福祉センターや助産院を紹介しているほか、お母さんと赤ちゃんとの集い「ラブLOVEベビィ」を開催しています。

8.母乳育児ができないお母さんもしっかり応援します。

母乳育児ができないとしても罪の意識を持つことはありません。哺乳ビンを使ってミルクを飲ませる時も、赤ちゃんをしっかり抱きしめ、時にはお乳に触れさせ、目を見ながら優しく話しかけてください。赤ちゃんはお腹の中で聞いていたお母さんの声と肌のぬくもりに安心し、母と子の絆は強まります。当院では、母乳育児以外の方法を選択されたお母さんの育児もしっかり応援します。